iPhone 6s/6s Plus予約はこちらから
ソフトバンクiPhone6s予約はここから

ドコモiPhone6s予約はここから

au iPhone6s予約はここから

9月12日、16時01分から予約開始!
このページをブックマークしといてな!

外観(ケースのデザイン)について調べたで!

003top

外観は保護ケースを本体の販売にあわせてリリースせなあかんから、
すでに情報が出回ってるみたいやね。
どれどれ……。

それによると、ほんの少しだけ(0.2mm程度?)分厚くなるって。
内部のレイアウトなんかは基本的にiphone6/Plusと共通で、ケース金属の肉厚が増えてんて。

従来の保護ケースが使えるのかどうかは、そのケースの精度しだいやで。
やわらかい素材やったら使えるかもしれんよ。

若干厚くなるケースやけど、当然、完全な新設計や。
それやったらいっそのこと、外観のデザインも思いっきり変えればよかったのに、と思うけど、
外観や基本的なレイアウト(カメラやバッテリー、CPUの位置)は、ほとんど変更あらへん。

今回の変更は、iphone6、特にPlusが強度不足が原因らしいで。
ポケットに入れておくと曲がってしまったっていう写真や動画を
ネットで見かけることがあるもんね。
か弱いデリケートな子やねん6。私みたい。

外装の作り方はアルミの削り出しにアルマイト処理、と従来どおりやで。

今回、ボディの厚みを0.2mmほど厚くすることと、
素材を6000系から、7000系へ変更したのが大きな変更点や。

7000系はジェラルミンとよばれる硬質のアルミで、厳密にはアルミ90%程度の合金。
ジェラルミンは金属バットや、飛行機のボディにも使われる強度の高い素材やねん。
当然硬い分、削りだしは大変=コストUPになるで。

コストアップしても、破損してしまう問題に対処したあたりに
最高のものを出すというアップルの姿勢が見て取れる。さすがアップルや!

実際の強度やけど、これらの改良で2倍程度に高まってるんやって!!
これで、ポケットの中で曲がってしまう問題は、かなーり改善されるはず。rinkoicon7

ただ、形状自体が変わってへんから、
滑り落ちやすいつるつるした表面と、落とすとすぐ割れてしまうカバーガラスの問題はそのままみたいやけどな。

アップルが防水の特許を出したっていう話があるけど、
どうやらiphone6S/Plusでは採用されず、2016年の『7』以降になりそう。
うーん、残念。
みんな6S/Plusとは一緒にお風呂入ったらあかんで!

ちなみに、
背面のリンゴマークは、印刷やシールじゃなく、
別に削り出した金属製のパーツをはめ込むっちゅう、非常に手の込んだ構造

を採用してんねんけど、知ってた?

iPhone 6s/6s Plus予約はこちらから
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

9月12日、16時01分から予約開始!
このページをブックマークしといてな!

ポチっと押してな、みんなに教えたってな! ↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ